刻み込まれたもの 記録としての写真

何気ないシーン、部分もきっと歴史になる。

世の中の変化は激しい。思っているよりもずっと、激しい。

思い出に浸っている時間さえないぐらいに。

AとB以外のこの数字の並びに何を感じ、何を思うか。

ヒコーキが好きでない人、ご存知ない人には何の感情も動かないかもしれないこの部分に、心を痛め、嘆き悲しみ、時には跳ね上がるほどの喜びがこみ上げてくる場合もあり得る。切なさや、儚ささえも。

瞬きをするようにシャッターを切るのだが、何に心動かされたか。いちいち説明するのは野暮ったいんだよなって。

何ならまったく別のことを語っていようかなって。案外捻くれ者の真っ直ぐさが好きだったりする。

この写真を見てどこで撮ったか一瞬で思い出せた。

フォルダーから引っ張り出したんだから、そりゃわかるのだけれど。

その時の心の動きと記憶が結ばれているみたいだ。

その両方の記録、というのはちょっと奇妙な内面に対してなんだけれど、この撮影した空港の、もしくはやや図太く言えば航空史の1ページでもあるわけで。

写真による記録って、その人の人生そのもの記録でもあるんだなって。

ここから先を語ると野暮ったいので、やめておく。

2018.10. JFK

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。